ケンブリッジ英検

ケンブリッジ英語検定とは

1858年にイギリスの名門、ケンブリッジ大学によって設立された英語検定で、言語評価のフィールドにおいて世界をリードするエキスパートが研究・開発しています。
日本ではまだあまり知名度が高くありませんが、ヨーロッパを中心に圧倒的な権威があり、約130カ国で年間500万人が受験しています。
また、世界中で10,000を超える企業・学校・政府等の団体で英語力を証明する試験として評価されていますので、このケンブリッジ英語検定を取得することによって大学・大学院入学、就職・昇格を有利に導きます。

ヨーロッパやオセアニアでは、ケンブリッジ英語検定のB2 Firstレベルを目指す留学生のための語学学校やコースが多数あります。

国別でケンブリッジ英語検定を評価する企業、学校・団体のリストをサーチするにはこちらへ
ケンブリッジ英語検定を評価団体データベース

Cambridge Assessment

ケンブリッジ英語検定は、ケンブリッジ大学の一部門であるケンブリッジ大学英語検定機構Cambridge Assessment English(ケンブリッジ大学英語検定機構)が開発・実施し、世界で最も信頼されている英語検定として、英語を母国語としない受験者を対象とした英語検定としては最も長い歴史があり、2013年に100周年を迎えました。

全世界で570名いるスタッフのうち、英国を拠点にしているのは440名、あとの130名は世界27のオフィスで、機構のネットワークを支えています。機 構の拡大ネットワークには、さらに3万人を超える試験官、2,800もの試験センター、そして52,000にものぼる認定対策学習センターをも含みます。ルナインターナショナルは、日本のケンブリッジ認定試験センターとなります。

ケンブリッジ英語検定を受験するメリット

ケンブリッジ英語検定は、ヨーロッパを中心に圧倒的な権威があり、世界中で10,000を超える企業・学校・政府等の団体が“英語力を証明する試験”として評価していますので、このケンブリッジ英語検定を取得することによって海外での大学・大学院入学、就職・昇格を、大変有利に導きます。

また、試験問題は世界をリードする言語評価のエキスパートによって研究されていますので、公正にレベルを判定することができます。
結果報告書は、各技能の成績をグラフで記述されていますので、合格ラインまでの到達度合や課題を見つけ出すことが可能です。

また、ケンブリッジ英語検定の各レベルは全て、言語能力初心者のA1~ネイティブに近いレベルC2までの段階別に評価される国際標準規格CEFRに準拠しています。合格者に発行される証書については、各試験の合格点に達しない場合でも、CEFR (Common European Framework of Reference for Languages: ヨーロッパ言語共通参照枠) の一定のレベルに達している場合は、それを証明する証書が発行されます。

ケンブリッジ英語検定の種類とレベル

ケンブリッジ英語検定は様々な種類があり、一般的なものはMain Suite(メインスイート)と呼ばれる試験です。このMain Suiteには5レベルあります。この他、学校用試験が2レベル当センターでお申込み頂けます。

英語検定試験難易度比較表

IELTS Cambridge英語検定 TOEFL BEC TOEIC BULATS STEP英語検定
9 Proficiency (CPE)
CEFR C2
670+/293+   990+ LEVEL 5  
8.5
8 1級
7.5 Advanced(CAE)
C1
600/250 BEC 3 890 LEVEL 4
7
6.5 First(FCE)
B2
530/197 BEC 2 810 LEVEL 3 準1級
6 660
5.5 590
5 460/140 520
4.5 PET/PET for Schools
B1
BEC 1 450 LEVEL 2 2級
4 400/97 380
3.5 310
3 Key (KET)/Key (KET) for Schools
A2
220 LEVEL 1 準2級
2.5    
2
1.5        
1

※上記の表は目安です

ヤングラーナーズ試験(YLE)とは

ヤングラーナーズ試験はケンブリッジ英語検定の中の児童英語検定にあたります。

試験はReading&Writing (読み書き)・ Listening(聞き取り)さらに Speaking(話すこと)も含まれた3セクション4技能から構成されています。ヤングラーナーズには、大きな特色としてスピーキング試験がありますので実際に英語でコミュニケーションする能力を測っていただくこともできます。
(スピーキング試験は、ケンブリッジ大学英語検定機構によって認定された試験官が一人ずつ面接を行います。)

解答は全てイギリスのケンブリッジ大学にて採点され、約1 ヶ月後に当センターへ結果が届きます。

ヤングラーナーズ試験を受験された方には全員に賞状が発行されます。賞状にはReading&Writing・Listening・Speaking の3セクションの評価がそれぞれ5段階評定で示されます。

おうちでは普段日本語でのコミュニケーションが中心になるゆえ、お子様の英語教育の成果が目に見えることは難しいことと思います。ぜひこの試験を通してお子様の実力をお確かめください。

試験会場MAP

ヤングラーナーズ英語検定 (YLE)が2018年1月より改定されました

Updated test specification from January 2018
ケンブリッジ大学英語検定機構は、言語学習および指導の最新研究に照らし、試験の内容が確実に更新されるよう定期的にチェックしています。
2018年1月の試験より、テストの内容が更新されます。以下のリンクをクリックすると、更新内容を確認することができます。

Click for more information.

スクール申込ご担当者様へ

ヤングラーナーズテストは、認定試験会場が、実施日、時間割を任意に設定できるテストです。

  • 試験実施日
    受験確定人数が10 名を超える場合は任意に設定できます。ただし、試験実施予定日に全国で実施予定校がある場合は、他の募集校とトータルして受験者人数が10 名を超える場合は、一か所の人数が10 名を満たなくても実施が可能となります。
    当センター申込予定日程をご覧ください
  • 団体受験申込方法
    申込締切日は試験実施日の7 週間前です。実施の予定がたちましたら、まずは当センターにお問い合わせ下さい。7 週間前の締切日までに必要な申込書類などを御案内します。

個人申込ご希望の方へ

  • 団体校が、一般の方の受験を受け入れている場合がありますので、日程表をご覧いただき、当センターまでお問い合わせ下さい。センターより実施校担当者様に問い合わせをさせていただきます。
    (申込締め切りは、実施予定日の7 週間前ですのでお早めにお問い合わせ下さい)
    ⇒記載の申込締切は、団体様のセンター申込締切日となります。個人でのお申し込みは団体様の受入の確認を期日以前にさせていただく必要がありますので、記載期日より1週間前までに、センターにお問い合わせください。)
  • 個人受験申込受付中!
    2017年7月2日(日)
    長野県松本市弊センター実施のYLEは個人申込受付ます。 詳しくは、センターまでお問い合わせください。

受験費用

受験料(税込) 事務手数料
Starters ¥5,600 ¥600(個人申込みの場合)
Movers ¥6,200 ¥600(個人申込みの場合)
Flyers ¥6,750 ¥600(個人申込みの場合)
・事務手数料とは、受験票などの試験前の書類郵送、および、賞状送付の為のエクスパック代金となります。

合否について

ヤングラーナーズに合否判定はなく、受験者全員にケンブリッジから賞状が贈られます。賞状には3技能のそれぞれについて、ケンブリッジ大学の紋章の絵が描かれ、その個数(1~5)によって学習到達度が示されます。

試験結果について

2015年1月より、試験結果をより詳しく報告するための新しい方式である「Cambridge English スケール」の導入が開始されました。

国際標準規格のCEFRに完全準拠

Cambridge English スケールは、Cambridge English Qualifications (ケンブリッジ英語検定) の成績報告を使用されるスコア範囲です。Cambridge English スケールは、現在の成績報告の方法とと長年の研究を元に作られたもので、ヨーロッパ共通参照枠Common European Framework of Reference for Languages (CEFR)を補うように設計されています。
Cambridge Englishは、CEFRの開発に深く関与した歴史的な経緯からCEFRと高い整合性を持ち、学習者が目標とするレベルに到達しているかを判定する基準テストとして世界130カ国で活用されています。 Cambridge English スケールによって、各試験に共通したわかりやすい試験結果報告が可能になるため、受験者、教師、大学、移民管理部門などの試験の利用者のニーズにより良く応えられるようになります。

一般レベル(A2 Key~C2 Proficiency)の試験結果は、ケンブリッジイングリッシュ指定の発表日にオンライン(Results Online)で確認することができます。

試験結果対比表

試験に合格されなかった場合でも、CEFR (Common European Framework of Reference for Languages: ヨーロッパ言語共通参照枠) の一定のレベルに達している場合は、それを証明する証書が発行されます。


RESULTS ONLINE

弊社からは、プリントアウトしたものを受験者様に結果発表後、順次郵送させていただきます。しかしながら、受験票の左下に記載された予定期日期間に個々にOnline上で結果の確認をいち早くして頂くことができます。使用方法は、下記を参照下さい。

注意:結果発表があるまで受験票を大切に

初めてアクセスする場合には、[Register]をクリック。

1. 受験票 (Confirmation of Entry)に記載してある、ID Number, Secret Number, 任意のパスワード (8文字以上、うち2文字は数字)を入力します。

2. I agree to the terms of useにチェック

3. Updatesはケンブリッジのニュースレターを購読したい場合にのみチェック

4. Sumitをクリックすれば、結果が見れるようになります。

2度目からは、[Log in]のID numberとPasswordを入力して結果にアクセスできます。


CEFR (Common European Framework of Reference for Languages: ヨーロッパ言語共通参照枠)とは

これまでヨーロッパで提唱されてきた、いくつかの英語力の判断基準を統合したものです。A1 からC2 までの6 段階に設定されています。
Council of Europe(欧州評議会)に加盟する国ですべての言語学習に適用され、教科書やテストはこれを基準にすることになっておりますので、非常に大きな影響力を持つものと言えます。

ケンブリッジ英語検定とCEFRのスケールスコア詳細はこちら

受験料について ※全て税込表記

General

東京/名古屋会場 長野県/松本会場
A2 Key ¥13,400 ¥11,400
B1 Preliminary ¥15,600 ¥13,600
B2 First ¥23,850 ¥21,850
C1 Advanced ¥26,050 ¥24,050
・合格者への賞状は、エクスパックにてお送りいたします。

For Schools

東京/名古屋会場 長野県/松本会場
A2 Key ¥13,400 ¥11,400
B1 Preliminary ¥15,600 ¥13,600
・合格者への賞状は、エクスパックにてお送りいたします。

Young Learners

受験料(税込) 事務手数料
Starters ¥5,600 ¥600(個人申込みの場合)
Movers ¥6,200 ¥600(個人申込みの場合)
Flyers ¥6,750 ¥600(個人申込みの場合)
・事務手数料とは、受験票などの試験前の書類郵送、および、賞状送付の為のエクスパック代金となります。

レイトエントリー料(Key(KET),Preliminary(PET),First(FCE),Advanced(CAE),Proficiency(CPE)) ¥5,000

※レイトエントリーとは正式な締切日を過ぎてからのお申込みです。ケンブリッジイングリッシュの事情によりエントリーできない場合があります。その場合、手数料を差し引いた費用をご返金致します。
オンラインからはお申込みいただけませんので、電話・FAXにてお申込みください。


変更手数料 ¥5,000

※一度申込みをされた試験内容を変更される場合に発生する費用です。
例:First(FCE)からAdvanced(CAE)に変更等
オンラインからはお申込みいただけませんので、電話にてお申込みください。


キャンセルについて

  • 申込締切日以前のキャンセルは、手数料¥5400(+銀行振込手数料)を差し引いた額を御返金いたします。
    (センター締切日以前のお申し出(メールもしくはFAXなどの文面)、締切日前にセンター担当者との直接の受領確認が必要となります)
  • 申込締切日以降のキャンセルは、理由に関わらず一切の御返金は致しません。(当日の天候、会場までの交通機関理由も含む)
    ただし、体調不良を理由とする場合のみ認められる場合があります。その場合は受験料の25%を手数料としていただきます。(試験当日受験が不可能であったことを証明できる医師による診断書(日付明記の受診証明書)が必要です。持病などを理由に当日の医師受診の証明ができない場合は、対象外となりますので予めご了承ください。)

2018年ケンブリッジ英語検定スケジュール

2018年の実施要項は全て締め切りました。

注意試験実施可能人数が定められています

  • 一般レベルは同日開催レベルの各レベル5名、合計10名の受験人数を最少実施可能人数とします。
  • 1会場にて受験申込者が5名に満たない場合、会場のご変更をいただくか、実施不可能となることがあります。その場合、申込締め切り日以降センターにて人数集計後3日以内に、ご連絡をさせていただきます。会場変更の場合は、締切後の早急な手続きが必要となります為、お電話にてご連絡いたします。締切後、必ずご本人様に連絡がつきます連絡先をご登録ください。日中の御連絡となります。
  • 受験票は、試験実施2週間前までに確定時間割と共に郵送いたします。
  • 2週間前までに受験票が届かない場合は、試験実施2週間前までにお問い合わせください。
  • First(FCE)の名古屋会場は、6月のみの開催です。東京会場は、秋冬会場は四ツ谷のNATULUCK貸会場となります。
  • 上記のオンライン結果発表期間と証書イギリス発送の予定は、遅延の可能性がありますが、共にセンター帰着後に御登録住所に発送致します。

注意お申込み後のキャンセルによる返金はできません

  • 当日の天候理由・交通機関の遅延なども含め、返金には応じられませんので、予めご了承ください。
  • 申込締切日前のキャンセルにつきましてはキャンセル手数料がかかります。キャンセル取扱説明をご覧ください。
  • 試験申込後に、連絡先が変更となった場合は必ずセンターに御連絡下さい。

2018年ヤングラーナーズ試験スケジュール

Young Learners Exam:Schedule

団体名のない日は、申込団体の個人受け入れはしておりません。

Venue Exam date
Yokohama Feb11
Tokyo(Akasaka;一般受付) Feb18
Tochigi Mar24
Tokyo Apr7
Kagoshima May13
Tokyo(Kings Road; Akasaka一般受付) May27
Yamagata July8
Tokyo July14
Matsumoto,Nagano(Luna International一般受付) July15
Yokohama,Yamata Yochien Sep15
TokyoTokyo(Nihon Budokan-Meeting room:
Malcolm English一般受付)
Sep16
Aizuwakamatsu, Fukushima Nov18
個人受験希望の方は、センターにお問い合わせください。

注意試験実施可能人数が定められています(最小人数レベル総計10名)

  • 受験確定人数が10名を超える場合は、任意で実施日を設定できます。
  • 試験実施同日に他団体申込がある場合、一か所の合計人数が10名に満たなくても、同日申込団体全ての受験確定者が10名を超えれば、試験実施が可能となります。
  • 申込締切日は、実施予定日の7週間前です。実施希望団体様は、お早めに当センターにお問い合わせ下さい。
  • 個人申込希望の方は、申込締切日より1週間以上前にお問い合わせください。
  • 上記の締め切り日は、各団体様のセンター締切となっております。個人での受験希望の方は事前にセンターより団体様への受入確認がありますので、記載の締切日より一週間前までにお問い合わせください。センターより団体様の受け入れ状況など、確認をさせて頂きます。

お申込み

ヤングラーナーズ試験のお申込みはお電話にて承っております。

電話でのお問い合わせ0263-34-4481

ケンブリッジ英検申込みはこちらです
ページ上部へ戻る